大量の活性酸素を発生させている部活生のための水素水

スポーツ時は水素水の水分補給で部活生の体を救う

水素水は部活をしている子供の将来に関わる

部活をしている子供は、多くの活性酸素を発生させているため、見た目ではわからなくても細胞がダメージを受けています。それを放置すると、子供の将来に関わる可能性があるので注意しましょう。

活性酸素を放置すると起こる弊害

活性酸素が増えすぎるとどのような問題がありますか?
活性酸素は、酸化力が非常に強いため、体内で増加すると、体内の様々な組織が衰えてしまいます。金属が酸化すると錆びるように、人間も同じように活性酸素が増えることで、体が錆びやすくなるのです。
適量の活性酸素であれば、細胞を保護してくれるというメリットもあります。しかし量が増えすぎてしまうことで、細胞を傷つけてしまい体を衰えさせるのです。
肌トラブルや生活習慣病、息切れがしやすい、なども活性酸素が細胞を傷つけていることによって起こる弊害です。
部活をしている子供は危ないですか?
部活をしている子供は、していない子供と比べて、頑丈な体をしていて健康そうに見えます。しかし見た目は健康に見えても、トレーニングをして活性酸素が出ていることで、不健康になったり寿命が短くなったりする可能性があります。プロのアスリート選手を見てもわかる通り、スポーツを職業にしている人は、20代~30代がほとんどで40代で現役として活躍している人は非常に少ないです。活性酸素が多く、老化スピードが早いことが原因と考えられます。また、アスリート選手は、一般人と比べて平均寿命も短いのです。
部活をしている子供が、すぐに活性酸素の影響を受ける訳ではありませんが、活性酸素を除去しないと健康面でのリスクを受ける可能性は十分にあるのです。

スポーツや運動は、健康に良いというイメージが強いですが、活性酸素が発生するリスクについてしっかり考えなければなりません。部活をしている子供がいる場合は、活性酸素の影響に注意してあげましょう。

活性酸素には2種類ある?

活性酸素はストレスや暴飲暴食、紫外線や激しい運動などによって発生します。体に悪いと言われていますが、実は体に良い活性酸素も存在します。ここでは2種類ある活性酸素について説明します。

善玉活性酸素
風邪などの病気から体を守る免疫作用を持っている物質が、善玉活性酸素です。酸化力が弱く、血管を拡張させて神経機能を向上させるという特徴があります。呼吸や食べ物によって、細菌やウイルスなどが体内に侵入してきた時に、白血球から善玉活性酸素が放出され撃退してくれます。健康面に良い影響をもたらしてくれる善玉活性酸素は、水素分子に影響されないため、水素水を摂取しても除去されません。
悪玉活性酸素
悪玉活性酸素は、善玉活性酸素と違って、体に悪い影響を及ぼします。非常に強い酸化力があり、その強さは善玉活性酸素の約100倍と言われています。その酸化力で、子供の正常な細胞や遺伝子を傷つけて、様々な被害をもたらすのです。また、体内の不飽和脂肪酸と結合して酸化すると、過酸化脂質に変化して体を錆びさせてしまいます。人間が老化したり、病気になったりするのは、この悪玉活性酸素が主な原因なのです。一般的に水素水を飲んで、活性酸素を減らすという時は、この悪玉活性酸素のことを指しています。

悪玉活性酸素には水素水が効果的

悪玉活性酸素を除去することができれば、子供を病気から守ることができます。それを実現させてくれるのが、水素水なのです。水素水を飲むことで、過剰に発生した悪玉活性酸素を無毒化してくれます。悪玉活性酸素を除去する薬などもありますが、薬は副作用が強いため、子供に服用させるのはとても心配です。水素水には、副作用が一切ないということが証明されているので、とても安心感があります。悪玉活性酸素を除去して、善玉活性酸素を残すためにも、子供の部活中の水分補給は水素水にしたほうが良いでしょう。

スポーツ時に水素水で水分補給をすると得られる効果

水素水で活性酸素を除去することで得られる効果はたくさんあります。部活生に嬉しい効果もあるので、こちらで確認しておきましょう。

部活生に嬉しい効果とは

水素水には疲れを取る以外のメリットはありますか?
体内で活性酸素が大量に発生すると、血液がドロドロになります。水素水を摂取して、活性酸素を除去すれば、血液がサラサラになるため新陳代謝の向上に繋がります。そして、老廃物の排出が促進されるため、太りにくい体になれます。また、血液がサラサラになれば、脳梗塞などの病気リスクが下がるというメリットもあります。
勉強面にも効果はありますか?
水素水は、記憶力改善や不眠改善の効果もあるため、勉強面でも良い影響をもたらします。活性酸素が脳に蓄積されると、脳細胞がダメージを受けて、記憶力の低下してしまう恐れがあります。記憶力の低下は、勉強をする上で非常に悪影響を及ぼします。
また、自律神経が過敏になって、緊張状態になってしまい、ぐっすり眠れなくなります。
水素水を摂取して活性酸素を除去すれば、記憶力低下や不眠を改善できるため、勉強面にも効果的と言えるでしょう。

部活をして、好きなスポーツを楽しんだり友達を作ったりすることは大切です。しかし後から健康面で影響を受けないためにも、このような水素水の効果が必要になります。

濃度に着目

女性

スポーツ時などに水素水で水分補給をする際は、「どのくらいの濃度か」という点が大事になります。体に取り入れる水素を増やすためには、濃度を高くする必要があるためです。そのため、水素水の1日の摂取目安量は、水素水の濃度によって変わってきます。一度に飲む量も、1ppmの水素水であれば、500ミリリットル程度必要ですが、7ppmであれば70ミリリットルで済みます。水を沢山飲むのが苦手という人も、効率良く水素を摂取したいという人も水素水の濃度に気をつけると更に効果を実感できるでしょう。

TOPボタン